--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11.04 00:12|
11月から始めた、生徒さんも含め、
3日は午前中、6人のレッスンをして
午後は、第9の合唱練習に行きました。
千葉芳裕先生のご指導で、楽しい時間でした。

さて、途中になってる旅の記録、

旅ー最後の1日、
朝は、オペラ座近くの、シャンデリア輝くスタバで、モーニングをし、
ショパンが、最後を迎えた、ヴァンドーム広場にあるショーメに行きました。

IMG_1616 (2)

途中ラデュレのウィンドウには、
日本にはないカメオのチョコレート︎
空港で買おうと思ったのが、間違いで、
空港のショップは日本で買えるようなものだけでした。

ショーメでプレートを確かめ、ショパンのお葬式が行われた近くの、マドレーヌ寺院へ。

IMG_1618 (3)

入口には、モーツアルトとヴェルディのレクイエムのチラシが張ってありました。

ショパンの、お葬式には、
ショパンの願いでモーツァルトのレクイエムが演奏されたそうですが、
その場所で、ぜひ、レクイエム聴いてみたかったことです。

9時の、寺院は1、2人
ほぼ貸し切り状態。
リストが、弾いたオルガンも見られます。

そこから、モーツァルトのお母さんの葬儀が、行われた、
サン.トゥスタッシュ教会に行きました。
ここは、パリ最大8000本パイプのオルガンがあり、
ぜひ聴いてみたかったです。
ラモーのお墓もあるそうです。

IMG_1620 (1)


そこから、近くのポンピドーセンターへ。
眺めがよく、パリの景色を一望に出来ました。
ピカソ美術館に向かうも、工事で閉館中、残念でした。
IMG_1621 (1)

残りの時間で、オペラコミック近くの、パサージュなどを訪ねました。
IMG_1622.jpg
マレ地区の館、市庁舎、ビクトル.ユーゴの館など

今回の旅は、美術館、教会巡りで、
ショッピングの時間がほとんどなかったのですが、
個性的なお店が多く、ゆっくり見たかったです。

ホテルで荷物を引き取り
ロワシーバス乗りば近くのラファイエットで買い物をし、
21時発の飛行機目指したのでしたが・・・

台風の影響で,4時間遅れの出発となり
空港でオペラ丸まる1本you tubeで観て

パリに名残り惜しみ、帰国の途に就きました。

IMG_1505 (3)

食にも、あまり時間をとれずひたすら歩き回った、この旅でしたが、
(周りの現地の方は子供も普通に食べていましたが)
ムール貝一人分80個はすごかった...

自分の備忘録のような旅の記録で
10月は、レッスンの様子ほとんど書いていませんが

今月は入会の方も何人かいらっしゃるので、
またレッスンの様子など書きたいと思います。




スポンサーサイト
2014.10.30 00:04|
日曜、朝は、サンジェルマンデュプレ教会を見てから、サンシュルピス教会のミサに出ました。
7500本のパイプの音を是非聞いてみたかったのでした。

信者ではないので、よくわからないのですが、ミサは歌を先導してくださる方に続いて追っかけるようにして歌いました。
歌詞はわからないものの、メロディーは辿れるので、ついて歌ってみました。
隣の青年が、とても美しい声で歌うので、少し頼りにして歌っていると、突然、ハモリに入ったりするのです!

この毎週の音楽経験が、重ねられ、西洋音楽ができるのですから、かなわないわけだ~と思いました。

この教会のオルガンは、世界遺産の候補にもなったという有名なオルガンということです。
ミサの開始、閉会後も、演奏がたくさん聴けてラッキーでした。

IMG_1601.jpg


午後は、バスティーユオペラ座に向かいます。
IMG_1602.jpg

ぎりぎりまで、ガルニエでバレエを観るか、バスティーユでオペラを観るか、迷いましたが、バレエが、現代の創作だったので、椿姫に決めました。
オペラ座のホームページ残っていたのは、1番高い席と2番目の席、で何と前から6番目の席でした。どの席も観やすそうだし、音は2階の方がよさそう。もっと上でも問題なさそう。
昼のせいか?いたってカジュアル。日本のオペラよりも、カジュアルでちょっとびっくりでした。

でも音や舞台は美しく、オーケストラの演奏が始まると、あまりに美しく、パリで、パリの娼婦のオペラみられることに嬉しくて感激しすぎて、頭がキーンと痛くなりました。

ちょっと不思議なのは、字幕の位置。舞台の一番てっぺんに、フランス語と、英語で字幕が流れるのですが、1回の席の人は頭を、かなり上げ下げしなくては、無理で、前の席の人が何度も頭をぶんぶん振るので、なんであの場所?と思ってしまいました。
割とノーマルな演出でしたが、ジプシーが女装の男性で、闘牛士が女性、日本に帰り、もう一度見たくて、オペラ座ビューイングにでかけると、後ろの方がこの場面でゲラゲラ笑っていました。
ショップも、ガルニエより広く、お目当ての、オペラ座で採れた蜂蜜買ってきました。




2014.10.19 13:01|
旅4日目、メトロの終点から、始発の路線バスに乗りヴェルサイユ宮殿に向かいます。
25分で宮殿の目の前が終点なので、とても楽です。

9時前に着くと、長蛇の列、この旅、唯一の25分並んだ場所です。
IMG_1577 (1)

礼拝堂のオルガンや、クラブサンにやはり目がいってしまいます。
その後、連絡用乗り物で、マリーアントワネットが
ノルマンディーの村の風景を作ったという
プチトリアノンに向かいます。

あまりの広さに驚きです。
到着までにもかなりの距離
プチトリアノンの中も広すぎて、全部見る脚力はありませんでした。
IMG_1582.jpgIMG_1578.jpg
アンジェリーナがあり、ランチをいただいていると、
ヴェルサイユ宮殿に住む、ぜいたくな猫がやってきました。

パリに戻り、ショパンのお墓を訪ねます。
そこも本当に広く、多くの観光客ツァー客もいました。
ショパンは、地図の⑳番 。最初、20区画目を探してしまい、少し迷いました。
IMG_1580.jpg

そこから、凱旋門に戻り
上まで上ってシャンゼリゼ通りを眺め、セレモニーを観て、
シャンゼリゼ通りを、ソフトクリーム食べながら、
ミソミ~レミレ~ドミド~シドシ~とスキップしながら帰りました。
IMG_1581.jpg

2014.10.18 23:43|
旅3日目は、申し込んでいた、My Busのツァーで
ジベルニーモネの家に行きました。

パリから約1時間、

ダイアナ妃が亡くなったトンネル通り
朝日の中(日の出7:50分)
エッフェル塔やコンコルド広場、自由の女神,ブルゴニューの森を見ながら
IMG_1572.jpg
朝霧の中、9時の開園時間に
パリとは全く風景の違うノルマンディー地方にある、

IMG_1573.jpg
20年ぐらいあこがれ続けた、モネの庭に辿り着きました。

晩秋の庭は、花の盛りのころとは、違うと思うのですが
睡蓮の庭や太鼓橋
そしてモネの住んだ家の中や、アトリエあとが見られ
憧れの地踏むことが叶いました。

お昼には、オペラ座近くに戻り
文具店など覗いた後は
オペラ座眺めながら、ラファイエットで食事をし、
オペラ座見学。

日本語ガイドを5€で借りて
IMG_1574.jpg
見学したオペラ座は、豪華すぎて…はぁ~
ここに住んでオペラ座の怪人になってもいい...
ホールの中は、バレエのリハーサル中で、
シャガールの絵も見られました。

そこからオランジュリー美術館で
睡蓮の部屋、
朝見た風景を再び体験
水の底に漂うような不思議な感覚の中
モネの感じた、庭の色を体感したのでした。

IMG_1576.jpg
その後、市立近代美術館、エッフェル塔
再びの、ルーブルで半地下体験、棺の部屋など
人がいな過ぎて、ちょっと怖い部屋も見て帰りました。


2014.10.13 00:27|
薔薇窓のステンドグラスの美しい
シテ島ノートルダム寺院から2日目の始まり

IMG_1557.jpg
オルガンコンサートがあることを知り、夜再び戻ることにする

カルチェラタン、昨年日本で観た、ユニコーンがある
中世美術館へ
趣のあるこじんまりとした建物

IMG_1558.jpg

小学生が作品の前に座って先生の説明を受けている
いろいろな美術館でこんな風景を
その後も何度か目にしたのですが
本物にいっぱい触れて、美的センスが養われていくんだな~
と感心しました。

パンテオンを見て
パリでも大きな教会の1つ、ドラクロワの絵もある
サンシュルピス教会
(ダビンチコードにも登場します)
IMG_1559.jpg

ランチ後、奇蹟のメダイユ教会に行くとお昼休みだったので、
ボンマルシェをのぞいたり
しばし公園でぼ~っとして
メダルを買って

モンマルトル サクレクール寺院へ
IMG_1560.jpg
この辺でかなり、足も疲れ
サティの家や、ビゼー、ベルリオーズの家も近いようだったのですが
探す気力なくお茶します。

その後、迷いながら、ショパンとジョルジュサンドが出会ったという
ロマン派美術館へ
薔薇が満開のころはさぞ美しい庭で、お茶出来ることでしょう
IMG_1564.jpgIMG_1563.jpg
ジョルジュサンドの装飾品や手紙、髪の毛、ショパンの手の石膏などが飾られ
サロンのようになっています。

そこから再び左岸、夕飯食べて元気を取り戻し
オルセー美術館に
IMG_1565.jpg
ルーブルがセーヌ川の向こうに見えるテラスからの風景

そして、再びライトアップされた、ノートルダム寺院
IMG_1365.jpg
30分前に着くと長蛇の列

そして7800本のパイプオルガンの

上から降り注ぐ音は、宇宙創造を感じさせるような荘厳な響きで
さまざまな音色
プログラム
IMG_1566.jpg
感動の音の中に浸って帰路につきました。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

mutsumi

Author:mutsumi
 秋田県出身.AB型

全日本ピアノ指導者協会会員.
ヤマハPSTA(個人レッスン)指導者
自宅教室指導歴16年

ヤマハ音楽教室システム講師歴10年
ブライダル.パーティー演奏歴8年
(ピアノ&電子オルガン)

音楽を楽しみ、その喜びを分かち合えることを願い、基礎力をしっかり養えるようなレッスンをしたいと考えレッスンする日々です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。