2013.01.31 01:02|レッスン室
昨年4月に1年生で入会した生徒さん、
「この春、転勤かもしれなかったので、ピアノ習いたがっていたのですが、少し待たせていたのです」
とお母さま。


習いたい気持ちを、ずっと温めていたためか
ちょうど良いタイミングだったのか
毎週、毎週、レッスンの中で見きれないほど練習してきます

おうちでの様子うかがうと「ご飯食べてる時も、指がピアノの練習してるんです」
(あ~そのやる気の種、みんなにわけてあげたい)
ピティナのステップには10月出たのですが、
教室の発表会に出られないまま…

転勤の可能性があるということも考えながらのレッスンでしたが、
まさか、4月になる前のこんな時期に、転勤とは、
12月に伺い驚き、正直、残念でしたが、

引っ越し先でも、
すばらしく成長していってくれるだろうと

たくさんの思いを込めて最後のレッスンしました
securedownload.jpg

Viv Fleur(ヴィヴ フルール)さん のプリザーブドフラワー


スポンサーサイト
2013.01.25 23:13|音いろいろ
1ヵ月ほど前、図書館に本を返しに行くと
隣接する、支所の部屋から
クリスマスの曲を練習する、気持ちの良い音が聴こえてきました

音のする部屋の前でぽっーと聞き惚れていると
(あやしぃ~私)
ちょうど出てきた方が、
中で聴いていきませんか、と声をかけてくださり
そして、昨日体験でクワイアチャイムの練習に参加させていただいてきました。

10人ほどのサークルで、指導してくださる先生をお願いして
1月に1度2時間の練習をしているそうです。

同年代から、少し上の年齢の方
楽譜読むのが不得意な方も、リトミックやピアノの指導者の方も
音を楽しんで練習している雰囲気が温かかったです。

振る力加減がつかめず、音が大きすぎたり
すかっ、とかすってしまったり、
自分の出す音まで、待つということは
よく聴くことなのだと新しい体験楽しんできました。
写真 (71)
美しい今日の夕暮れ風景(娘の学校から)
2013.01.24 14:14|コンサート
昨夜メールで、コンサート中止、払戻の連絡がありました。
写真 (69)
自伝で、プロになるまでのすさまじい練習のようすを読んで
ぜひ実際に1度聴いてみたいと楽しみにしていたのですが、

残念です。

病気が中止の理由として発表されてはいますが…

昨年から、日本の演奏家のコンサートがあちらで中止になったり
来日公演も中止になったり。
日本の歌謡番組も年末は様子に変化がありました。
致し方ないことではありましょうが、
ちょっと、薄曇りな今日の天気のような心持がします。

写真 (70)

やはり、キャンセルで聴けてない、この方も、1度聴いてみたいものです♪
2013.01.21 22:01|レッスン室
今日、指が痛くて、病院に行ったら親指骨折していたんですが、
と生徒さんのお母様から電話がありました。
レッスンに来たいということで、きてくれましたが、
2013012116380000.jpg


あ~あこんなことに…
土日はラグビーの練習していたそうですが、
いつ怪我したのかはっきりしないと本人

日常生活は、不自由で、可哀そうですが
レッスンは譜読みや、聴音、
メロディーを歌いながら弾いたり
普段あまりできないことができるので
これも、一つの機会としばらく、
別メニューで、取り組みましょう。
お大事に
2013.01.20 17:29|映画
風の冷たい1日でした。
月曜、火曜と雪のためレッスンに来られなかった方の振替
土曜日までに終わりました。

でも、インフルエンザの短縮日課やクラス閉鎖も
早くも先週から始まったようで
これから、しばらくは
お休みの振替多くなりそうです。

今日は楽しみにしていたMETライブ今季6作目(私が観るのは4作目)
アイーダを見てきました。

スタッフ、出演者総勢1000名
舞台装置、衣装も豪華で
バレエあり、馬も出てくる。
上映時間3時間44分休憩2回

2幕目の凱旋の場面は特に見応えのある、舞台だったのですが、
エアコンが暑くて、
3幕目はちょっと気が遠くなりかけました
4幕目は、上下2段の舞台、復活して観ることができました。
王女の髪飾りの模様まで見えることなど、
劇場ではありえないことなので
劇場で聴くのが1番とはいえ、これもまた楽しいことです。
写真 (68)
教室のカレンダーMETの美術展で求めたものですが、1月はエジプト
生徒さんも、エジプトはいつの時代?
この人だれ?などと興味持ってみてます♪
2013.01.17 23:26|TV
少し前の話となりますが、年末から新年にかけて、
TV、ラジオではさまざまなクラシックの番組が特集がされていました。
佐渡さんの1万人の第九、FM東京の第九
ニューイヤーコンサート、オペラ、辻井さんの番組などなど…

その中で地元ローカルな話題ですが、千葉テレビで放送された
千葉県少年少女オーケストラ2013年3月18日演奏会の
再放送観て驚きました

ブラームスのピアノ協奏曲第1番、
バルトークのオーケストラのための協奏曲。
指揮は下野竜也さんで、ピアノは河村尚子さん

技術的なレベルの高さ、表現力の豊かさ
大掃除そっちのけで見入ってしまいました。

2013年3月24日は

指揮:井上道義
管弦楽:千葉県少年少女オーケストラ

藤倉大/オーケストラのための「トカール・イ・ルチャール」

プロコフィエフ/音楽童話「ピーターと狼」

ファリャ/バレエ組曲「三角帽子」より

     Scenes and Dances,Three Dances
千葉県文化会館・大ホール
全席自由 = 1,000円
チケット販売中ということがホームページに載っていました。

井上さん指揮の ピーターと狼
昨年のラフォルジュルネ.オジャポンで聴いた?観た?ときは
役者さんか、はたまた指揮者か?という語りのとても楽しい音楽劇でした。
生徒さんにも、おすすめです。

そして、ウィーンの楽友協会ホールのホームページ
3月のコンサートスケジュールに
幕張総合高校の名前を見つけました。
そういえば何年か前、演奏会行ってきましたと
生徒さんからはがき頂いたことがありますが、
あんなところで演奏できるってうらやましいですね。
千葉頑張ってます!
yuki.png
庭の木も雪化粧
2013.01.13 22:52|コンサート
ハイリゲンシュタットで遺言を書いたベートーヴェンが
最初に取り組んだ仕事が、モーツァルトピアノ協奏曲20番ニ短調のカデンツァ

そのあと取り組んだ仕事が交響曲英雄であり
ナポレオンにささげるつもりで作曲された曲ですが、
ナポレオンもフリーメーソンであり
フリーメーソンのシンボル、フラット3つの変ホ長調を使っていることなどが
なかにしさん礼さんの本には詳しく書かれています。

11日のプログラミング、このような視点で見ると
モーツァルトとベートーベンの2曲をつなぐ
菊地洋子さんのピアノによるアンコール曲は何かな?
といろいろ想像楽しめます。

アルフレッド・グリュンフェルト/ウィーンの夜会 ヨハンシュトラウス
華やかなパラフレーズの、感嘆のため息の出るような演奏だったのですが、

2人の大作曲家とヨハンシュトラウスが住んだ街ウィーン
第1楽章冒頭に響くフリーメーソンのドアの音3、ワルツの3
を共通項として考えると、
選曲の意味が見えてくる様な気がします。
(こじつけでしょうか?)
(ウィーンでは、12月,1月に「こうもり」を演奏するそうです。
そのため、こうもりのパラフレーズを演奏したのですね。はいこじつけでした(^_^)追記)

ベートーヴェン後の最後のアンコール曲は

シベリウス/付随音楽《クオレマ》より「悲しきワルツ」

これもワルツ3、そして、クオレマがフィン語の死を意味する
ということを考えると、
モーツアルトの冒頭が闇と死の響きということとつながってきますが、
ちょっとこれも深読みしすぎでしょうか…?
新年1回目のコンサート謎解きのように楽しんできましたが、

朱色のドレスの菊地洋子さんとても姿も美しく
そして音色が美しいまたほかの曲の演奏聴きたくなりました。

茉莉花茶
茉莉花茶飲んで一休み
2013.01.12 15:19|コンサート
年が明け、初めてのレッスン。
1度に、言えず、つかえつかえでも
一生懸命、お母さんに教えられた新年のご挨拶をしてくれる姿がとてもかわいいです。


風邪ひきさんと、インフルエンザのお休みもそろそろ出てきましたが、
生徒さんはA型のインフルエンザでで、それほどひどくはないとのこと、
あまり、はやらず暖かくなるといいのですが…

昨日は初めて、大宮のソニックシティホールというところに行き、
日本フィル第75回さいたま定期演奏会
オペラ ゲノーファ 序曲 シューマン
ピアノ協奏曲第20番 モーツァルト
交響曲第3番 英雄 ベートーヴェン

川瀬賢太郎 指揮
菊地洋子 ピアノ を聴いてきました。

最初の曲の途中で着き、ロビーで観て
モーツアルトのピアノ協奏曲は初めから聴けました。
菊地洋子さんの美しいピアノの音色聴きながら、
METのオペラ ライブビューイング(皇帝ティートの慈悲)の中で
歌手の方2人が話していた言葉を思い出しました。

モーツァルトを歌うということが、声楽家にとって
どのような意味を持つかというインタビューに対し
1人はダイエット、1人はマッサージのようなものと答えていました。
知らず知らずについた、変なくせや、無駄なものをそぎ落として
声と旋律の美しさを生かす。ピアノの演奏にも当てはまる言葉です。

ニ短調のこの曲、1784年12月14日
フリーメーソンに入会したモーツアルトが
参入儀礼の興奮冷めやらぬうちに1785年2月11日に発表した曲ということもいわれ
同じ旋律が7年後の「魔笛」夜の女王アリアに使われているそうです。
魔笛と同じ時期つくられたのが、モーツアルト最後のオペラ
皇帝ティートの慈悲

休憩後のベートーベンは、先日見たレミゼラブルの時代の作曲
そして、第9とフリーメーソンも深い関係がある…
自分のレッスンで、先生からフリーメーソンの話題が
あったことなどもあり
お正月休み何冊か関連する本を読んでいたのですが、
作詞家なかにし礼さんの「3拍子の魔力」が面白かったです。
話がそれてしまいましたが、コンサートの感想またそのうちに 
 写真 (65)
2013.01.07 11:14|日々のこと
ブログはゆっくりと冬休み中でしたが、5日からレッスン始まってます。
冬休みの宿題、全部終わった!という生徒さんは
練習もきちっとやっているのに対し
宿題がたくさんあって…と言訳モードの生徒さんは
それなりに…
でもまぁ、お正月ぐらいゆっくり楽しんでこれからまた一緒に進みましょう!

そこで、レッスンでは、気持ちがまだやる気モードの年のはじめの今
生徒さんには、ぜひ家庭練習の習慣化を今1度定着してもらおうと
毎月の練習シート
教室の1年の予定
毎月の調べ学習提出用シートを配布しながらの本年1度目のレッスンです。

昨日テレビで「逃走中」という賞金を懸けた、大人の鬼ごっこのような番組観ながら、思ったことが、あります。
フィギアスケートの荒川静香さんも出ていたのですが、
ゲームであっても、全ての行動にチャレンジ、そして最後まであきらめない。
今までの、彼女の生活の中で、習慣化した行動パターンや、意識が顕著に表れていて
おもしろいなと思いました。
他の出演者も、その人の考え方や行動パターンが、見えてくるので
娘は、絶対こんな人と結婚したくない!などと言ってました。

私の、今年の習慣化の目標その1 見て見ぬふりをしない
結構スルーしてきたことたくさんあるので大変です
写真 (64)

一保堂さんの今年のお茶、ティーブレイクとりながら気持ちはゆっくり、ゆったり進みたいです。
2013.01.01 12:00|未分類
あけましておめでとうございます

2013年は、思いを実現できる年となるよう
毎日の小さな積み重ねを大切にして過ごしていきます。
新しいことを恐れず、気軽にトライできる自分を楽しみたいです。

どうぞ、皆様にとりましても、よい1年でありますように
本年もよろしくお願い申し上げます。3image

富士山頂から日本一大きな影

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

mutsumi

Author:mutsumi
 秋田県出身.AB型

全日本ピアノ指導者協会会員.
ヤマハPSTA(個人レッスン)指導者
自宅教室指導歴16年

ヤマハ音楽教室システム講師歴10年
ブライダル.パーティー演奏歴8年
(ピアノ&電子オルガン)

音楽を楽しみ、その喜びを分かち合えることを願い、基礎力をしっかり養えるようなレッスンをしたいと考えレッスンする日々です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

リンク