2013.06.30 14:42|講座
松戸コアラステーションでPTNAのステップに会場をお借りしている
聖徳大学で
ルネサンス期の音楽がどのようにバロックにつながるのか
「イタリアの風~バロックの誕生」というパイプオルガンンの
レクチャーコンサートスリーズ2回目があり
昨日、午前のレッスンと、夕方のレッスンの合間に聴講に伺いました。

年齢層は、60代の方が目立ち、パイプオルガンの演奏を楽しみにいらした方が多いような印象です。
13:00~14:15と短い時間ですが
いろいろな音色で
フレスコバルディ
J.S.バッハ
フローベルガー
ヴェックマン
ブクステフーデ
ヴィバルディの演奏とレクチャー楽しむことができました

普段ピアノではバロック期以降の音楽を演奏することが多いので
ルネサンス期はなじみが少ないですが、
最近古楽器の演奏会などにお邪魔したり
教会の石造りのドームーに響くオルガンの音が忘れられず、レクチャーコンサート次回も申し込みました。

近くで、このような催しがあるのはありがたいことです。写真 (144)
スポンサーサイト
2013.06.27 22:52|
夏のリースできました!


写真 (139)

食卓に飾ったのですがこの花に似合う
       
     写真 (141)         写真 (140)
こんなオサレ~ナお食事があるといいですが…

友人の作品は楽しい夏!花のぼうしでお出かけしたくなるような華やかさです

写真 (136)

今日のアンジェリックローズさん
写真 (137)
2013.06.25 23:29|おいしい
一度講座でお会いし、それからブログなどでお付き合いいただいていた
玲子先生の、
いつもおいしそう~と眺めるばかりだった
ミモザキッチンお邪魔してジャーン

写真 (131)

憧れのお料理、実際口にすることができました!!

事前のご準備、送り迎えなどさぞかし大変だったことと思いますが、
久しぶりにお目にかかれたこと
また新しいご縁ができたこととてもうれしく
短い時間でしたが、充実した、楽しい時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

もてなす とは持てる力全て使って成す
大きなおもてなしの心いただき帰路につきました。

写真 (128)

こんなかわいいおみやげまで
とてもおいしかったので、ぜひ、再現できるよう頂いたレシピをみてして
頑張ります
2013.06.23 03:25|TV
土曜の朝のTV食彩の王国は牛タンの特集でした。

モーツアルト書簡の中に父にあて
「牛タン送っていただきありがとうございます」という手紙があることが紹介され、
当時ザルツブルグから5日かかるウィーンにどのようにして送ったのかということを、
料理家の千葉真知子さんが再現して、お料理していました。

ザルツブルグといえば塩
塩づけにした牛タンを香草のスープで煮込みホースラデッシュ添えた、料理が紹介されてました
私も、牛タンは大好きで~す。

千葉真知子さんは「食べるクラッシック」という本を出し、
お嬢さんのピアニスト千葉暁子さんと
食とクラシックの融合したコンサートを手掛けたこともあったとか

ショパンやいろんな作曲家になんだ料理が紹介されているという
「食べるクラシック」読んでみたいものです!

写真 (119)

あじさいと天の川 和菓子は美しいです

2013.06.22 01:27|TV
昨日、NHKで「渡辺貞夫in下関 音楽の履歴書」が放映されていて
久しぶりにライブ演奏楽しみました。

80歳?にはとても見えない、
音楽も、若々しく元気で枯れてる感がない!
23歳のドラマーとの共演に違和感まるでない!!

ライブハウスで、生の音と対峙してほしいという言葉

素直に自分から発する音を楽しんでいる心境さらなる頂、
目指したいと語る笑顔の渡辺貞夫さん

その昔、ライブや武道館コンサート行ってました

講師研修で宿泊していた、嬬恋の
バイキングの朝食でおみかけしたのもずいぶん前のことですが
しばらく遠ざかっていたライブハウスにもいってみたいなぁ~と、思いました
写真 (129)
           <何年も前のプログラムですが、素敵な笑顔はそのままです
2013.06.21 23:59|ピアノ調律整音
40年以上前のピアノですが、大きく変わりました。
部屋に合わせて調整していただき
ピアノ,フルに開けて弾くのが気持ち良いいです。
写真 (125)

調律の修行で滞在していたイタリアで、
様々なピアノが時代を経ても家庭で大事に使われているのを
見てきたことが、
うたまくらピアノ工房の今のお仕事につながっているという、
荒木さんのお話が心に残っています。

今回の修理では行っていない、鉛調整の仕方や、
メーカーによる調整や材質の違いなども
教えていただきました。
写真 (114) 針もいろんな種類があるのですね
写真 (116) 1本1本様子を見ながら
写真 (127)  鉛調整や
鍵盤の幅の違いや、鍵盤の取り換えなどについても教えていただきました。ありがとうございます。


自分の練習、レッスン充実させていきたいです





2013.06.18 01:45|ピアノ調律整音
ピアノ修理の写真を掲載させていただくことに関し
荒木さんに、伺うと
修理ということを知っていただくためにもぜひどうぞ
といっていただき、掲載させていただきます。

今回の修理は

1.レギュレイティング・ボタン・クロス(白い穴の開いたクロス)交換
2.ハンマー・ローラー(皮の形が変形してしまった丸い部品)交換
3.ハンマースティック(湿気で動きが悪くなっている)修理
4.整音ファイリング(ハンマーの表面の一皮をむき、整形し直す)
5.部品が新しくなったためにそれに合わせての調整)
6.調律


で2日間の予定でしたが、
ダンパーアクションの鉛が、木が痩せて雑音が生ずる部分があるということで
全部取り出し、鉛の具合確かめ、そのかすかなな隙間埋めるという
そばで見ていると、気が遠くなりそうな作業も
さらに加わり、
2日間どれほど腕、目、肩、腰お疲れになったことか…
本当にありがとうございました。

1レギュレイティング・ボタン・クロス(白い穴の開いたクロス)交換
写真 (88) 写真 (89)

アイロンで白いクロスはがし、
その後新しいクロスを貼り付け

クロスにあたる部分、むらになっている部分を砂消しゴムで整え、むらなく鉛筆で塗っていきます
写真 (90) 写真 (91)

2.ハンマー・ローラー(皮の形が変形してしまった丸い部品)交換
写真 (92) 写真 (93)

あとがずれています 全部はずして交換
もともとは、鹿皮、今は人工のものだそうです。レンナー製品
写真 (94) 写真 (95)

にかわで貼り付け
写真 (102) 写真 (103)
少しのずれもないよう、きっちりだそうです。


3.ハンマースティック(湿気で動きが悪くなっている)修理
写真 (100) 写真 (99)

一つ一つの、動きを確認しながらの、細かい作業で見ているだけで、気が遠くなりそうです。


4.整音ファイリング(ハンマーの表面の一皮をむき、整形し直す
写真 (110) 写真 (108)
かなり力が必要なようでかつ力加減が微妙、針が刺さりそうで恐ろしいですが、荒木さんお話しながらの作業です。
見ている私は、息詰めてます。腕がパンパンになり右が太くなってしまうそうです。

この部分が、予定外の作業で外している部分の鉛をひろげ隙間をなくす作業が必要になりました。
写真 (111)

これらの細かな作業を、かすかな音を確かめながら進めていかれるのでした。   つづく
2013.06.15 23:30|ピアノ調律整音
2日間、朝9時から20時過ぎまで連日の
うたまくらピアノ工房荒木さんの、熟練の技の修理、整音で
ピアノが、まるでよみがえったかのように変わりました。

今朝、ピアノを弾いて昨夜弾いてわかっているはずなのに
音色とタッチの違いに驚いてしまいました。
音や、指の感覚の記憶がまだ前の音のままなのでしょう。
午後から弾いた時も再び、うれしい驚きがありました。

2月に初めてピアノをみていただいたとき
40年前のピアノなのですが、
「この時代のピアノは良いものなので、まだまだ使っていただきたいピアノです」
と言っていただき
今回の修理、心待ちにしていたのでした。

実家に、ずっと置いたまま,弾かれることなく
湿気にさらされていたこと、初期の調整が不十分だったことが重なり
こちらに持ってきて14年使用し、音色がかたい状態になり、弾きにくくなってしまっていました。

2日間作業の内容について、近くで拝見し詳しく説明していただきながら
様々な部分の気が遠くなりそうな修理に
実に忍耐強く、正確な熟練の技で取り組まれる荒木さんの仕事に向かわれる姿を見て
私、ピアノの練習もレッスンもそれだけではなく生活のさまざまなことに
もっともっと、丁寧に一生懸命やらないと申し訳ないなという気持ちになりました。

そしてピアノという楽器の緻密さについても改めて気づかされ
それらの一つ一つをきちんと良い状態に保つためのメンテナンスの必要性も
ピアノを所有する人には知っていただくことが大切なのだと思いました。
写真 (112)

まずは、作業台の組み立てから レッスン室が、2日間工房になります。
作業の様子写真を整理しupします
2013.06.10 00:05|日々のこと
朝、玄関の扉を開くと目に飛び込んできたのは
薔薇さし上げますという張り紙と、
立派に育った薔薇の苗が、数鉢

お向かいのお宅は、ご主人が丹精された見事な薔薇でいっぱいで
私も、道行く人々の目も楽しませて下さってます。

挿し木をしていて付いたので、どうぞと嬉しいお言葉
あまりに真剣に悩んでいる私を見かねたのか
両方どうぞと2鉢いただいてしまいました。

題名のない音楽会9日は
ブルグミュラーの特集、
オーケストラの、演奏聴き
気になったことを、PTNAのブルグミュラーの特集で調べるなどしていたら

すると、今度は、ご近所さんからのおみやげ
写真 (87)


研修で全国飛び回っている娘からのうまいもの便が、届き

パソコン開くと、ちょうど連絡取ろうとしていた方からの

こんな日もあるのだわ~とラッキーな日曜の朝でした。
いろいろ人や思いはつながっているのですね。
2013.06.09 00:22|TV
「お伊勢さん」という三重放送の
20年ごとの伊勢神宮式年遷宮の特別企画の番組があり
6回目の今日は「神宮と音楽」
「神様と音楽」のつながりの中から見えてくる音楽の力を探ります
ということで気になり録画予約していたのですが、

音楽の本質について語っている
東儀秀樹さんの言葉や、雅楽の楽譜の覚え方、楽器などについての説明が
とても興味深く、面白い番組でした。

神に人間が本当に音楽を楽しんでいることを、神へのの捧げものとして奉納するのが
お神楽

人間同士で楽しい気持ち悲しい気持ちなどを分かち合うものが音楽
ということなどを
伊勢神宮の美しい、静謐な風景の中で話されていました。

今後放送の地区が多いようなので
詳しい内容は書きませんが、
楽器についても、
今まで知らなかった、雅楽の深い意味に興味そそられました。

演奏の覚え方も
音だし前の唱歌は、まさにソルフェージュ

昨年、雅楽の公演にすっかり行くつもりで
(抽選で外れました)
本など読んでいたのですが、改めて興味魅かれました。
今日の放送、今後も千葉や埼玉、群馬などでまた放送あるようです。

詳しい番組表はこちらから三重テレビ

写真 (86)  白から真っ赤に色を変える不思議なあじさい
2013.06.05 23:57|おいしい
1週間のレッスンスケジュール
水、木は人数が多く金曜日は、少し早く終れるようにしています。

昨日は、鵜崎先生のインヴェンションの講座
今日は、自分のレッスンと
2日続きで出かけ、戻って、夕飯の準備とバタバタ

ここらで週の後半に向け
こんなかわいいビールで一息入れます。
(外で友人と楽しむのとは違い、ビール1缶は、私にはちょっと多いですが…)
写真 (85)

写真 (84)写真 (83)

つやつやの夏野菜、千葉は農業県
ご近所の真島農園さんのトマト、ニンジン、荒木さんの赤い大根?
採りたてのおいしいで、助かってます。
2013.06.03 23:45|美術館
昨夜、日曜美術館で「貴婦人と一角獣」が飾られていた、
クリュニー美術館とフランスの城を、原田マハさんが訪ねていました。
趣のある素敵な美術館でした。

先日、国立新美術館休館日の内覧会で見られるという機会があったのですが、

手の込んだ織物の精密さ、
500年の歳月を感じさせない鮮やかな色彩、大きさの迫力、
期待以上のすばらしい物でした。

ジョルジュサンドも飾られていたフランスの城に泊まって、
タピストリーを眺め
小説に書いているとか。

時空を超えて、
同じものを眺めることができるというのは、不思議な感覚です。

美しいとても手の込んだ、装飾のベルトなどあり、展示楽しみました。
2013051412230000.jpg

休館日で、いつもの出口が通れなかったおかげで、こんな緑の回廊通って入口に辿り着きました。

2013.06.02 13:09|日々のこと
この春大学入学でやめられた生徒さんのお母様
昨年高校入学でやめられた生徒さんのお母様というめずらしいメンバーで
の機会がありました。

最後にご挨拶した時、今度是非と、声をかけていただいていたのが
実現し、とりとめもなく夜遅くまでおしゃべりしてきました。

ピアノやめたのに、楽譜買ってきて弾いてるんだよね~
うちも、合唱の練習といって、弾いてるよ~と
お話伺い、音楽が生活の一部分として、定着してくれていること
嬉しく思いました。

そしてお二人とも、お子さんから
ピアノが欲しい~
かなり、しつこく言われたことがあると言っていました。

もちろん、私からも、様々な機会に、
電子鍵盤楽器との違いなどお話させていただいているのですが、
それぞれの家庭での考え方や状況があります。

しかしある程度弾けるようになってくると、
生徒さん自身がかなりピアノの必要性を感じてくるようで
学校のピアノで休み時間に練習してる、などという生徒さんもいました。

きっと、こんな思いをした今の生徒さんたちが、
親になり、子供にピアノを習わせたとき、
ピアノの必要性を理解し購入して
また親子で弾いてくれるようになるのでは?と次世代にも期待し
そのためにも
今のレッスンしっかりしていきたいと思うのでした。

写真 (65)

今年の紫陽花  ダンスパーティー 雨の日もはずんだ気持で~
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

mutsumi

Author:mutsumi
 秋田県出身.AB型

全日本ピアノ指導者協会会員.
ヤマハPSTA(個人レッスン)指導者
自宅教室指導歴16年

ヤマハ音楽教室システム講師歴10年
ブライダル.パーティー演奏歴8年
(ピアノ&電子オルガン)

音楽を楽しみ、その喜びを分かち合えることを願い、基礎力をしっかり養えるようなレッスンをしたいと考えレッスンする日々です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

リンク