2013.10.20 01:03|コンサート
昨年ははがきで申し込んだものの落選した、
宮中の秋の雅楽演奏会

今年は当選
写真 2 (4)


でも、友人は残念ながらで、
一人、大手門から入場して

皇居内,楽部へ~

以前、あやめの時期に、
皇居東御苑を観に行ったことがありますが
(入場料を払って入ることができるのです)

石の城跡や、番所など、ところどころ残り
緑が深く広々としていて、

周りの高層ビルに囲まれ
異次元感覚を味わえます。

9:30開場の午前の部
20分ごろ大手門に着くと
入場は始まってるようで長蛇の列
起伏のある道を10分近くかかり会場へ
写真 1 (4)
白い玉砂利が敷かれた1F
写真 4 (1)
2Fからみたところ

前半は演奏、後半は舞楽で、10:30に始まり、休憩はさみ12:00頃まで
雅楽の演奏会は初めての経験

西洋音楽とは大きく違う音楽で

季節により使われる,調が違うそうで
平調(E音に近い)音取という曲で始まりました。

可聴音域以外の音が多く含まれているのでしょうか?

笙の音が鳴り響くと
場の空気が、清められ、
はりつめた音による結界がつくられるような感覚があります。

事前に読んだ本の中に
最初の三年はひたすら唱歌で耳を作るということが書いてありました。
自分の中に、音の感覚、欲しい音があって、
そこから演奏が始まるということが大切なのだとあらためて思ったりしました。

大きな太鼓がなると、会場が震えるようです。
写真 5 (1)


日本人なのに、西洋音楽の方がなじみがある今の私たち
伝統音楽、藝能にも触れる機会を持ちたいなと思いました。


スポンサーサイト
2013.10.17 00:55|レッスン室
クリスマス会か、ハロウィンかどちらかで
毎年クラスコンサートをしていますが、
今年も去年に続き、クリスマス会の予定です。

でも、ハロウィンの曲を練習中の生徒さんもいるので
教室も少し、ハロウィンの飾りつけ中です。

写真 (194)  写真 (195)

farinaさんから届いた、ハロウィンクッキーも飾ってます。
farinaさんのブログには、可愛いクッキーがたくさん!!こちら
2013.10.14 01:08|コンサート
上野学園石橋メモリアルホールで12日13日と開催されていた
第3回チェンバロ.フェスティバルに出かけてきました。

2日間、9つのコンサートが開かれ、

その合間に
体験コーナー
子供のためのチェンバロ教室
レクチャーコンサート
キッズコンテスト
製作者によるお話、
曽根麻矢子さんのマスターコース
チェンバロ奏者、小林道夫氏のレクチャーがあり

チェンバロがロビーに展示されており
ペーパークラフトでチェンバロづくりコーナーがあるなど
盛り沢山な、催しでした。

日曜の午後から出かけたので

夏の講習会で教えていただいた、大塚直哉先生のクープランのコンサート
渡邊順生さんのクープラン、ラモー、フォルクレ
10台のチェンバロとバイオリンによる合奏   の3つのコンサートと
マスターコース、レクチャーなどを聴いてきました。

大塚直哉、北谷直樹、小林道夫、曽根麻矢子、武久源造、
チョ.スンユン、寺村朋子、戸崎廣乃、中村振一郎,渡邊順生
ヴァイオリン南紫音

チェンバロには全く疎い私でも、TVなどで目にする演奏者
そして海外からの招へいもあり、とても豪華なメンバーの競演だったと思います。

ステージに様々なチェンバロが10台並んだ様子は,圧巻でした。

ステージで演奏されていた、黒地に、金で蒔絵のように彩色されたチェンバロに目を惹かれました。

生徒さんにもぜひ、ピアノでですが、
この時代の作品も弾いて
楽器にも興味を持ってもらえるように、していきたいと思いました。

美しい装飾
写真 3   写真 1 (3)

写真 4
シンプルな美しさも



2013.10.13 00:57|
2001年刊行の本で、アマゾンのレビューも多いし
話題になった本なのかもしれませんが
とても素敵な本でした。

パリ左岸のピアノ工房

昔、ピアノを習っていたことがある
パリにすむアメリカ人作家

散歩中に見つけた、
一見さんお断りの不思議なピアノ工房に心惹かれたことから
自分のピアノを手に入れ
レッスンに通うこととなる

年代を経た様々なピアノの話や、奥深い世界の話
自分もその工房で一緒にワインを飲みたくなるような
雰囲気のある話でした。

レッスン室のピアノを調律していただいている
荒木さんの、うたまくら工房には
べヒシュタインの素敵なピアノが入ったようです。
近くだったら、きっと、入り浸ってしまっていたかも…

写真 (192)

今月の花ならひ
2013.10.05 00:31|レッスン室
部分練習が必要なところ、

さらうのは、すぐに飽きてしまうので

誰でも上手になる魔法の道具貸してあげるよ~と、

こんなものを取出し(100均です)

写真 (191)

赤コース!黄色コース!と繰り返すことがあるのですが、

今日のレッスンで、11月のステップを目指すSちゃんは

魔法の道具貸して!と

自ら部分練習を、望んだのでした

ホグワーツではないけれど、効き目のたしかな魔法かも…



2013.10.03 00:10|レッスン室
スタッフとして、お手伝いさせていただいている松戸コアラステーション、
ピティナのステップ無事終わり少しホッとして10月迎えました。

バスティンのテキストの中に

みんな好きなおばけの曲があるのですが、

その曲の始まる前に、
生徒さんといろいろメロディー創ってあそんでみました

(生徒さんのお話&おと遊び)
はじめね,1ぴきなんだけど、だんだんコウモリ増えてくるんだぁ  飛んでる曲

そしたらね、1本足の傘がどんどんケンケンして跳んでくる  片足で追っかけてくる曲作りたいそうです^^

お千代(???なにそれ)こわいよ~
(眠らない子供のところにやってくるおばけなんだそうです)

といろいろな音、メロディ作って、テキストの曲がおばけの組曲に?

挿絵のおばけは可愛い感じなのですが、
そのおばけがピアノから出てきているところが気になるらしく、
登場するところも作りたいそうです。

はぁ~子供の発想は、面白い!!

 写真 (189)   写真 (190)

千葉では,ゆで落花生がおいしい!庭に植えたらピーナツできてました^^

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

mutsumi

Author:mutsumi
 秋田県出身.AB型

全日本ピアノ指導者協会会員.
ヤマハPSTA(個人レッスン)指導者
自宅教室指導歴16年

ヤマハ音楽教室システム講師歴10年
ブライダル.パーティー演奏歴8年
(ピアノ&電子オルガン)

音楽を楽しみ、その喜びを分かち合えることを願い、基礎力をしっかり養えるようなレッスンをしたいと考えレッスンする日々です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

リンク