2014.06.20 09:40|未分類
先日ブリティッシュスクールイン東京
主催のアシュケナージ氏マスタークラスが人見記念講堂でありいってきました。
6/4の新宿の講座に続き、今月2度目のアシュケナージ氏ですが、とてもお話が楽しく人の口真似などしながら、様々なエピソードなどお話なさっていました。
CDにサイン頂き嬉しく帰りましたが、温かい人柄が、伝わりました。
ブリティッシュスクール主催の方は一部分しか、通訳が入らず、ほとんとど、聴き取れず(*_*)
こんなことがある度に、勉強するぞ*\(^o^)/*と思うのですが〜今だ課題のままです。
音楽はgiftだと強くおっしゃっていたことは伝わりました(^^)


スポンサーサイト
2014.06.09 23:28|講座
先週水曜日は、
所属している松戸コアラの森ステーション、
江本先生が企画協力で実現した

角野美智子先生の

子育てから学ぶ、完成豊かな、真に音楽好きな子供に育てる指導とは…
を受講してきました。

親子の関わり方、
レッスンへの親御さんの在り方

日頃悩むことも多いテーマだけに
親として、指導者としての立場から
角野先生のお考え
今までの様々なご経験を伺うことができ
非常にためになった講座でした。

そして何より、角野先生のお人柄、素敵な笑顔に
魅かれました。

人格、温かさ、身に付けようとして身につくものではないとも思いますが、
少しずつでも、近づけるようなりたいものです。

その後の、角野先生を囲んでのランチも楽しかったです。
写真 (226)
記事とは関連なく、昨年買った”ダンス”今年も咲きました。あじさいの季節ですね。
2014.06.02 22:23|音いろいろ
気が付けば、しばらくブログの更新もないまま
6月に突入

今朝から、朝6時の‘古楽の時間”はフランス組曲を
ピアノとチェンバロで、1番から演奏のプログラムが始まりました
明日も楽しみです。
今週は、磯山 雅先生の週ですが、
磯山先生のブログも私は好きで、更新楽しみに読んでいます。
講座も、新宿横浜で持たれているようなので
何とか出てみたいなと思っているところです。

昨年、夏の講習でご指導いただいた、大塚先生も
この番組に出ていらっしゃるので
朝のあわただしい時間ですが、楽しみな時間です。

そして
5月後半は、ホロビッツが、愛したピアノ〔1887年製ニューヨーク・スタインウェイ〕
を(詳しいいきさつは、高木氏の著書に)

干野宜大(ピアノ)
高木裕(トーク)
     
リスト:<詩的で宗教的な調べ>より 第7曲「葬送」

ショパン:バラード 第1番 

ショパン:バラード 第4番 

ショパン:夜想曲 遺作 嬰ハ短調

リスト:夜想曲 「愛の夢」第3番

リスト=干野宜大編:ハンガリー狂詩曲 第13番「マジャールの歌」

松濤サロンにて聴いてきました。

粒立ちがはっつきりしているというお話でしたが、、今のピアノの音とはたしかにずいぶんと印象が違います。

リスト、バラードという前半の3曲が、フルコンであの近さで鳴ってると
迫力でした…
今少し広いホールでの音も聴いてみたいと思ったものでした。

写真 (223)

5月の花、表と裏の顔です。どこから見られてもきれいな花♡


     
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

mutsumi

Author:mutsumi
 秋田県出身.AB型

全日本ピアノ指導者協会会員.
ヤマハPSTA(個人レッスン)指導者
自宅教室指導歴16年

ヤマハ音楽教室システム講師歴10年
ブライダル.パーティー演奏歴8年
(ピアノ&電子オルガン)

音楽を楽しみ、その喜びを分かち合えることを願い、基礎力をしっかり養えるようなレッスンをしたいと考えレッスンする日々です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

リンク