音旅その11(モルダウ川は寒かった)

2013.04.20 00:02|
藤の花が甘い香りを放ち、さつきもつつじもあやめも薔薇も…
色とりどりの花がいっぺんに花開くこの頃

教室の生徒さんも新しい環境で、新しい体験を様々にしているようで
いろんな話を、生き生きと聞かせてくれて、
ずっと聞いていたいぐらいですが...レッスンもね

音旅も
今日は5時間鉄道の旅から,百塔の街プラハいっきに流します。

電車の出発時間が早くなる場合もあるとか、
スーツケースを親切に持つふりをするスリもいるとか
怖いことがガイドブックには書いているので、少しドキドキして電車を待っていると

止まった電車から、運転手さん、車掌さんが降りてきて
Well come our ○×△~いきなり握手でスーツケースも持ち上げていただいてしまいました。

6人掛けのコンパートメント、2時間ほど二人だけでしたがその後20代の青年と、女性が別々に乗り込んできました。外の風景は、大きな駅の周りは建物があるものの、殺風景なモノトーンの世界が続きます。

電車でも5時間近くかかる道を、モーツアルトやベートーヴェンは馬で旅したことを思うとさぞや大変だったことでしょう。
見た目には素敵な石畳、自動車に乗ってるとガタガタガタガタ つらい
写真 (29)
プラハ中央駅でトラムの切符を買おうと、売り場らしきところに行くと
人がいない。

切符を手にしている、他の旅行者に、ベーカリー前のコンビニで買えると教えられゲット
トラムは結構混んでいましたが、2つ先の駅で降りて
そこから5分ほどのホテルに到着です。
その日はホテルのレストランでチェコ料理でしたが、おいしかったです。

次の日はプラハ城へ行こうと地下鉄に乗りトラムに乗ると
坂道登っていくはずが、道を下っていきカレル橋に着いてしまいました。
トラムの乗り過ごしはここまでも何度かあったので、まぁどってことありません
人の少ないカレル橋、モルダウ川は美しかった。歴史を振り返ると、さらし首をかけていたとか、橋から落とされたとか、残忍な話がたくさんですが、ブルタヴァ川の流れは滔々とすべてを包み込んでいるようでした。
しかし凍るような風が冷たい。

カルレ橋からの眺めはこちらから360度見られます。virtuarltravel.cz

プラハ城は時代の異なる様々な建物がある城P3260694 (640x480)
P3260700 (640x480)
ムハ(ミュシャ)のステンドグラスのある聖ヴィート大聖堂、中の様子も入ってみることができます
聖イージー教会などがありますが、
拷問が行われた塔や拷問の道具などもあり、少し不気味です。

チェコフィルの根拠地ルドリフィヌムや
P3260716 (640x480)
P3260715 (480x640)
あれぇ~な人など見ながら着いたのは市民会館P3260717 (640x480)
多くの人が見えますが、プラハは観光客が本当に多かったです
virtualtravel.czスメタナホールの中が観られます
virtualtravel.cz聖ヴィート大聖堂内部の映像
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

mutsumi

Author:mutsumi
 秋田県出身.AB型

全日本ピアノ指導者協会会員.
ヤマハPSTA(個人レッスン)指導者
自宅教室指導歴16年

ヤマハ音楽教室システム講師歴10年
ブライダル.パーティー演奏歴8年
(ピアノ&電子オルガン)

音楽を楽しみ、その喜びを分かち合えることを願い、基礎力をしっかり養えるようなレッスンをしたいと考えレッスンする日々です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

リンク