音旅その12(スメタナホール)

2013.04.21 02:47|
朝の番組でプラハの特集をしていました。
中世の建物がそのまま残るプラハ。
1日ではとても周れず
行きたかったところ、まだまだたくさんですが

プラハ観光午後は
スメタナホールのある市民会館で4時からのガイドツァーを申込みました。
290kc 1380円ぐらい

昼食は1階のフランスレストランで、ビジネスランチのコース
P3260719 (640x480)

お店の前にあるメニューを見ると
写真もあって日本語の説明もあったので、入ってみると
どうも地下のレストランのものと間違えたようですが
ランチのコースが495kcでこんな素敵なレストランでゆっくり頂けるのは贅沢なことです。
サービスも丁寧で気持ちよくランチ楽しめました。

P3260718 (480x640)
1階の反対側の喫茶室はツーリストメニューなどがありリーズナブルでとても混んでいましたが、
2時過ぎということもあり、こちらのレストランは窓側の席に数組ゆっくりと昼食を楽しむ人々がいるだけでした。

兎の肉のゼリーよせから始まり、
ミニシュークリームにチョコレートをその場でかけていただくデザートまで
とっても満足な、ランチでした。

ガイドツァーの時間まで、歩いてすぐの旧市街で観光
時計塔
P3260722 (640x480)
聖ミクラーシュ教会のオルガンの音が聖堂の中に響き渡っていたのですが、演奏者は見えずCD?P3260723 (640x480)
でも教会のドームに響くその音の中に浸っていたいような思いがしました。P3260725 (640x480)
ボヘミアングラスのシャンデリアがオルガンの音で満たされ輝いてています。

ガイドツアーは2つのホールのほかに、コンサートを聴きに入っただけでは、おそらく見られなかった
さまざまな部屋、ミュシャによる内部装飾の部屋などが観られ
充実した内容でした。
案内は英語でしたが、ゆっくりでわかりやすい女性のガイドさん
自分の国の細かな装飾や、歴史的な建物に愛着、誇りを持って説明する様子に
チェコの独立までの様々な苦難の歴史
そこに絵を残したムハのことなども思いめぐらせました。

夕方旧市街に戻ると、イースターマーケットの屋台が並ぶ広場には舞台が組まれ
音楽が演奏されていたのでしたが、
子供が小さいころ、よく聴いた、古楽器のグループ、ロバの音楽座の奏でる音によく似た
民族音楽のような音楽で懐かしい感じがしました。

旅最後の夜は、ライトアップされた火薬塔をくぐり
P3270741_convert_20130421022358.jpg

三度スメタナホールに戻り、地下のレストランで
アコーディオンの演奏とチェコビール楽しみました。P3270742_convert_20130421022106.jpg


長々と旅の思いでにお付き合いいただきありがとうございます。
この旅では、いつものことながら本当に多くの人に、
道を尋ねたり地図を見ていると、声をかけていただいたりと助けられました。
ちょっとした会話や、親切が旅の1番の思い出だったりもします。

計画を立てるうえでいろいろなブログから様々な情報を得たりもしました。

ウィーンから音楽(特にモーツァルト)ということをキーワードに
晩年のモーツァルトを温かく迎え、そして映画アマデウスの撮影場所であるプラハまで
2013春の女子旅でした。おしまい



関連記事
スポンサーサイト

コメント

おはようございます

音旅、楽しく読ませていただいてました!

海外なんて新婚旅行で行ったきり・・・
その時は海外に行きたい熱に浮かれていましたが気付けばパスポートもとっくに切れてしまっています(><)
きれいな街並みや、教会などなど子供たちに見せたら「かっけ~」と言いそうです(^^)
海外の空気を感じられて嬉しかったです♪


ありがとうございます

マッキー先生

いつも温かなコメントありがとうございますi-185

娘も「ペーターさん(ペーター教会のことですが…)かっけ~」
と言っていたようなi-179

日本の教会のオルガンコンサートにも行ってみたいです。

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

mutsumi

Author:mutsumi
 秋田県出身.AB型

全日本ピアノ指導者協会会員.
ヤマハPSTA(個人レッスン)指導者
自宅教室指導歴16年

ヤマハ音楽教室システム講師歴10年
ブライダル.パーティー演奏歴8年
(ピアノ&電子オルガン)

音楽を楽しみ、その喜びを分かち合えることを願い、基礎力をしっかり養えるようなレッスンをしたいと考えレッスンする日々です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

リンク