スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェンで始まり、ベートーヴェンで終わった1日

2013.11.11 00:34|コンサート
今日(昨日)は、午前中半蔵門の東京FMホールで、12月の第9の練習に出て

午後は六本木、ヨーロッパ国際ピアノコンクール東京大会に出場の生徒さんの応援でした。
初めて参加のコンクールで様子が、よくわからないまま
課題曲部門は予選、本選に続く、最後の地区大会で、
銅賞おめでとうございました

講評の後に、審査の先生と、生徒さんが直接お話しさせていただける時間があり
嬉しかったようです。

本番で,練習してきたことをきちんと表現することの難しさを感じました。
自分のものとしてしっかり消化して、舞台で表現できるよう
指導していけたらと、思いを残し…


そこから松濤のタカギクラヴィーアさんに移動
松濤クラシックまにあ≪忘れられたピアノの歴史たち≫

6回シリーズの、第2回目の今日は、
≪なぜフォルテピアノは消えたのか≫丹野めぐみさんの演奏で
1835年、グラーフレプリカの演奏

フォルテピアノのコンサートを拝聴するのは、初めての経験です。
1台1台、ピアノ以上に、大きな差がある楽器だと思うのですが、
CDやTVで、聴いているフォルテピアノのイメージより
より耳にやさしい心地よい音に感じました。

メンデルスゾーン、  プレリュードとフーガ

クララ.シューマン  3つのロマンス

ロベルト.シューマン  夕べに、飛翔、夜に

ベートーヴェンのソナタ イ長調、Op.101

当時はこのような音で聴こえていたのだと思うと
イメージが変わってくるような気がしました。

高木裕社長の、トークで、
ピアノフォルテの歴史や、なぜ消えたのかということなど
興味深く、伺ってきました。

次回1月は、エラール、1877年生、伊藤綾子さん
今ブリジストン美術館の(カイユボットとパリの音色)会場に展示されていて
11月26日は美術館でのコンサートもあるそうです。
魅力的なプログラムですが、平日は、コンサートなかなか難しいです。

写真 (198)









関連記事
スポンサーサイト

コメント

充実の1日ですね♪フォルテピアノの音、生で聴いてみたいです。

Re: タイトルなし

> 充実の1日ですね♪フォルテピアノの音、生で聴いてみたいです。

この夏イタリアから届いた、フォルテピアノが、先生のお宅にあるのですが…
ひそかに、弾くことを狙っている私ですv-266
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

mutsumi

Author:mutsumi
 秋田県出身.AB型

全日本ピアノ指導者協会会員.
ヤマハPSTA(個人レッスン)指導者
自宅教室指導歴16年

ヤマハ音楽教室システム講師歴10年
ブライダル.パーティー演奏歴8年
(ピアノ&電子オルガン)

音楽を楽しみ、その喜びを分かち合えることを願い、基礎力をしっかり養えるようなレッスンをしたいと考えレッスンする日々です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。